製品により所定の研削代を付け、切削加工を行います。熱処理による寸法変化補正、研削代を考慮し、切削加工を行います。 鋼種、製品寸法、形状、指定硬さによってその切削加工仕様は異なります。