製品寸法に対して、切削加工、研削代を考慮し素材の切断を行います。 大型刃物等の鍛造加工の必要なものは、重量を考慮し切断を行います。 直刃:圧延材使用か鍛造加工かの選択を行い切断します。 丸刃:丸材使用か鍛造加工かの選択を行い切断します。